借金減額 債務整理

借金減額と債務整理

借金は減額できるかもしれないというのは、借金返済に困っている方には朗報です。
では、どうやって減らすのか、本当に減る事ができるかなど不安ですね。

 

借金減額=債務整理をするということです。
弁護士や司法書士に依頼(自分でもできますが)して、手続きを行い、“合法的”に借金を減額することができます。
この合法的というのが。法律で定められた方法を取ることで、決して後ろめたいこともありません。

 

債務整理には3つの手続きがあります。
・任意整理
依頼された司法書士や弁護士が裁判所を通さずに、直接債権者に交渉をします。
原則的には。将来の利息のカットと元本を3〜5年で分割返済を目的としている場合が多いです。
もちろん債務者の状況によります。

 

・個人再生
個人民事再生手続きといって、2001年に始まった制度です。
裁判所を通して、借金を最大で10分の1まで減額することができます。
3年の返済計画で分割していきます。
「小規模個人再生」と「給与所得者等再生」の二種類があります。
・自己破産
全ての借金が免除される手続きです。
手続きは複雑で、最近では審査なども難しいようです。
遊びで作った借金にも対応することができるのですが、裁判はから本人の反省も促されることもあります。
以前程簡単にできない債務整理のようです。