住宅ローン 借金 減額 方法

住宅ローンがある方の借金減額の方法

借金を滞納している状態の場合、簡単に債務整理をしたくない方も多いです。
面倒という理由も聞かれますが、多重債務者の場合、この借金は債務整理をしたくないとか、保証人がいる場合は、迷惑をかけたくないという状態です。
滞納をしている状態で多くの方に迷惑をかけているのですが、個人的な理由から債務整理を拒む方もいます。

 

そんな方は、弁護士に相談をしてみましょう。
滞納事態回避しなければならない事態ですが、なにか良い方法があるかもしれません。

 

特に住宅ローンがある方には、個人再生があります。
新しく出来た債務整理で、住宅ローンだけは債務整理をしないので、家をなくすことなく済み続けた上で、その方の債務整理ができるというものです。
ただし、この個人再生は、定職についていることが条件であり、きちんと下返済計画に則って、減額された返済を必ず行うことが必要です。

 

それでも住宅を手放すことないので、精神的にも楽です。
こうした債務整理にもいろいろな種類があります。
借金の減額方法としては、1つではなく、これはする。これはそのままという用な臨機応変な対応が出来ますから、多重債務者にとっても、やりやすい債務整理を選択することができます。

 

弁護士に相談をしたからと、必ず依頼をしなければならないこともなく、話だけを聞いて、自分に取って良い借金減額方法を知るだけでもOKです。
その方が、債務整理の費用も安く済ますこともできます。

住宅ローンがある方の借金減額の方法関連ページ

借金減額の方法 裁判所を通す場合
借金の返済が出来ないと思ったときに、債務整理を考えましょう。法律事務所などで宣伝をしているのですが、自分でも行うことが出来ます。債務整理の基本としては、“借金返済ができいから減額をしてほしい”ということです。
借金減額されると債権者が困惑?債務整理は債務者のための法律
法律事務所などで対応しているのですが、任意整理の場合だけ、裁判所を通さず、直接債権者との交渉で、借金の減額ができます。債務者にとっては、有利なことですが、金融業者などの債権者にしてみれば、立派な契約違反ですが、従わざるを得ないことです。
任意整理は借金減額ができる方法の一つ
借金減額の任意整理の基本は、元金はカットできないことを言います。個人再生や特定調停、自己破産に関しては、元金そのものを大幅にカットすることができます。