まとめローン 利息 減らす

まとめローンで利息を減らす

借金の利息を減らす方法として、まとめローンがあります。
その他の言い方として、ローンの一本化とも言いますが、言葉通りに受け取って良いでしょう。
特に多重債務者の場合、まとめローンをするだけで、利息減らすことができます。
ちなみにこのまとめローンは、債務整理ではありません。
借金の元本は基本的に変化はなく、利息を減らすことができるだけです。

 

数社の消費者金融、カードローンなどを利用していると、利息がばらばらになっている場合があります。
それが2%台などの低金利なら良いのですが、消費者金融などでは10%以上の利息は当たり前でしょう。
数種類の借金の利息が、まとめローンの利息より大きい。
それだけで、まとめローンに変えるだけで、利息が減ります。

 

まとめローンと言われる商品は、元金が多ければ多いほど低金利です。
5%前後のまとめローンも多くあります。

 

ただ、このまとめローンですが、問題が一つだけあります。
それは現在多重債務者になっている段階で、果たしてまとめローンの審査に通るかどうかです。
まとめローンの申し込みをするときには、多重債務者のままです。
その時の総量規制内(年収の3分の一)でなければ、審査は難しいのです。
300万円の年収の方の場合、100万円の借金しか作れないのですが、現在多重債務で80万円あったとしたら、20万円しか借金ができないことになります。

 

しかし、多重債務者で残りが40万円だとすると、後60万円の借金が可能ですから、40万円のまとめローンを借りて、多重債務を完済することができます。
そして、あとはまとめローンだけの返済をしていくと良いのです。
必ず金利が低いことを確認した上で、申し込みをしてください。

 

この例で行くと、50万円前後の借金でまとめローンはどうか?と思う方もいますが、利息減らす事ができるのは理想です。
一時的に100万円近い借金になりますが、それは多重債務の完済をするので、実質半分程度の借金になります。
完済には繰上返済をすることになります。
消費者金融によっては、繰上返済の手数料などを取る場合もありますから、これも必ず確認の上、申込みをしてください。

 

もしこれらの確認を怠って、低金利のまとめローンの慌てて申し込みをしてしまっては、まとめローンも多重債務の一つになってしまうこともありますので注意が必要です。

まとめローンで利息を減らす関連ページ

任意整理で利息を減らすのがベスト
返済期間を過ぎても返済ができない、このお金で借金の返済をしてしまうと生活ができなくなってしまう、そんな債務者も少なくありません。そのままにしておくと、滞納してしまうことになりますが、由々しき事態であることに気がつかない方もいます。
利息を減らして返済を楽にする 債権者にとってみれば…
債権者である銀行や消費者金融にとっては、貸金による利息が主な収入源です。ですから、滞納者に対しては、強い口調での取り立ても当然です。自分の仕事をして収入がない場合、誰だって腹が立つことでしょう。
1%の利息の重み
低金利の銀行カードローンなども増えてきました。1%ダウンしましたというようなキャンペーンもありますが、借入で1%というのはかなり大きな数字です。返済方式にもよりますが、借入期間が長ければ長いほど、元金よりも高い数字になってしまうのが利息のマジックです。