借金減額 ペナルティ スマホ 債務整理

借金減額のペナルティ スマホと債務整理のお話

債務整理は基本的に借金を減額することができます。
それにより、債務者の生活や生命も守られることになり、メリットが多いのですが、ペナルティも存在します。
それが、クレジットやローンの利用が数年間できなくなってしまうことです。
普段の生活で、何気なくクレジットを使っている方にとっては不便なことです。
そうしたあまり関係のないデメリットだけから、そんなにペナルティと感じない方もいます。

 

しかし、債務整理後、生活が安定したところでスマホの機種変更をしようとした方が、自分の好きなスマホを購入できなかったという話があります。
2年間の分割で持つことが多いスマホですが、これもローンです。
ということで、スマホの契約をするときには一括購入をしなければならないのです。

 

債務整理でいうと、分割で購入した方にとってはスマホも借金の一つです。
ですが、債務整理はするしないかは選べますから、スマホの減額はしない方が良いかもしれません。
しかし、その後の分割購入は難しいと思ってください。
そして、借金滞納とスマホの利用料金の滞納も同じです。
先程から言うように分割で購入したスマホの利用料金の中には、機械の代金も含まれています。
ということは滞納してしまうことで、債務整理前にほかのクレジットなどが使用できなくなることもあります。

 

クレジットやローンというと、カードローンや自動車、家など大きな買い物のたぐいですが、スマホとはとても身近な存在だと思います。
消費者金融や貸金業者、銀行などの金融機関と同等のローン機能が入っていますから、取扱にはご注意を。