借金癖

借金癖がついてしまったら

借金返済をしている間、なんとか減らすことができないかなと考える方はきっと多いでしょう。
この時に、

  • もう二度と借りない
  • 少し余裕ができたから

と2つの心理が生まれると言います。
辛い返済に悩まされるのは嫌だから、消費者金融もキャッシングも利用しないと強い意志を持つ方もいます。
このような方は、借金が教訓として心に刻まれることでしょう。

 

一方、借金返済が減らして余裕と考えてしまう方もいます。
借りたお金が浮いただけなのに、まるで自分のお金であるような感覚です。
毎月返済減らしたいと言いながら、簡単に消費者金融やキャッシングを利用する方です。

 

返済を減らしたいと口で言う程度なら良いのですが、これが返済できないになると大問題です。
残高が減って嬉しいはずですが、ゼロになる前にキャッシング利用してしまったり、今度は支払い額が少ないから余裕と言ってしまう方もいます。

 

借金癖という言葉は本当にあります。
本当は借金返済を減らしたいのですが、いざ減っていくとまた借りてしまうのです。
すべてうまく行くことで、キャッシングそのものは大したことではないと思うようですが、実は利息だけでも相当支払っていることに気がついていないことも多いです。

借金癖がついてしまったら関連ページ

まとめローンが出来ればベストだけど
借金返済を減らすことか可能と考えられるのが、まとめローンです。多重債務者の場合、各キャッシングやカードローンの返済日も利息もバラバラだったり、高い利息の借金が含まれていることがあります。
消費者金融よりも銀行系カードローンの利用を
現在の借金がアコムなどの消費者金融のキャッシングである場合、銀行系カードローンに借り換えをすることで、借金返済を減らすことができるかもしれません。手軽に利用ができる消費者金融は、比較的審査も厳しくないですが、金利は高いです。銀行系カードローンは、総量規制対象外のキャッシングですから、現在多重債務者であったとしても、借入ができます。
そもそも返済ができない場合
借金返済を減らす方法は、まとめローンや繰上返済などで行うことができますが、返済そのものにかけられるお金がない、総量規制も最初から突破している場合は、このような提案をしたとしても、減らすことはできません。消費者金融やキャッシングのときには、利息分もきちんと計算をした上で、同意で借入をします。